似顔絵こけし.com

伝統工芸品/ウェルカムドール/オリジナル記念品/オーダーこけし 似顔絵こけし.com

携帯ページ

担当者のあいさつ

美和

ご来店
ありがとうございます!
似顔絵こけし制作担当
戸鹿野美和です。

もっと日本の伝統工芸品を身近に感じてもらいたい…。
そんな思いで始めた似顔絵こけしです。
ひとつひとつ心を込めて手描きでお作りしています。

これからも
よろしくお願いします。

 

美術品・アート

 

HOME»  コンテンツ一覧»  こけしの取り扱い方法

こけしの取り扱い方法

●購入後の【似顔絵こけし】の取り扱い方法

制作します似顔絵こけしは、乾燥した木を削り出し・漂白・研磨をして、絵付けをした後、何層にも塗装をし仕上げております。

ですが、木製品の為、水に塗らしたり、長時間日光に当てるなどいたしますと、表面の塗装が剥げたり、亀裂が生じるなどの破損の原因になりますので、塗れた時は乾いた布でよく水気を拭いてください。飾る際には直射日光の当たらない場所をお選びください。

また、こけしは年月が経ちますと、表面が革製品のように色付いてきます。変色ではありませんのでご安心ください。

上記をご注意いただき、長く似顔絵こけしをご愛用していただけますよう、宜しくお願いいたします。

 

 

●購入後の【無地木地】の取り扱い方法

無地木地は、こけし同様に削り出し・漂白・研磨をしておりますので、水彩絵具・ポスターカラー・サインペンなど等、お好きな画材で絵付けをする事が出来ます。

※絵具は薄く重ねると、キレイにムラなく塗る事が出来ます。一度に濃い絵具を塗りますと、乾燥後に剥がれたりしますので、ご注意ください。

絵付けの際ですが、お届け時には木地の頭と胴がはずせる様にしてあります。それぞれ別々に棒などに挿していただくと、絵付けしやすくなります。

絵付けが終わりましたら、日陰(日光に当てたり、ドライヤーなどで乾かすと亀裂が生じやすくなります)で良く乾かしてから、木工ボンドで頭と胴を組み合わせてください。

※仕上げに、木工用ニスやラッカーなどを塗ると、色落ちがなく長持ちします。

 

 

この他、わからない事・不明な点などありましたら、

お気軽にお電話やメールでお問い合わせください。